介護ソフトで経営を手助けする~従業員の負担をソフトに~

介護

大きな戦力

介護に便利なシステムが搭載されています

介護

少子高齢化が進んでいる現在では、介護を必要とする人は増えていますが、介護をする人は減ってきています。そのため介護をよりスムーズにおこなうための介護ソフトの需要が、非常に高くなってきています。介護ソフトとは、要介護者のデータや職員のデータを管理したり、デイケアなどのスケジュールを組んだり、介護保険報酬を計算したりするソフトです。いずれもかつては、手作業またはパソコンの一般的なソフトを使用しておこなわれていました。しかし介護に便利なシステムが搭載された介護ソフトが開発されてからは、もっぱらこれが使われるようになっています。少子高齢化により人手不足になっている介護業界では、介護ソフトは非常に大きな戦力になっていると言えます。

月々の利用料金や初期費用

介護ソフトは、多くの場合は月額料金制となっています。月々の利用料金は、だいたい千円前後が相場です。中には月額500円ほどという介護ソフトもあります。また、契約してから1〜3ヶ月ほどは、お試し期間として無料で利用できるというものもあります。一方、月額料金制ではないタイプの介護ソフトもあり、こちらは月々の利用料金が発生しないかわりに、まとまった初期費用の支払いが必要になります。初期費用は、5〜10万円ほどが相場となっています。また介護業界においては、従来はISDN回線を使った伝送請求がおこなわれていたのですが、現在ではその機能のついた介護ソフトが増えてきています。ISDN回線がなくても伝送請求が可能なので、その分の経費削減ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加